~あなたの街の道具屋さん~


〒560-0021大阪府豊中市本町6-12-39

090-8237-0827



☆☆☆☆☆  ☆☆☆☆☆


よくある質問をまとめてみました!



Q:「買い取ってもらえるのかどうか分からないんですけど、とりあえず、来てもらって、見ていただく事は可能ですか?もし、買い取りが無理だった場合は、出張費をお支払いしないといけませんか?」

A:「”誠実一番!おまち堂”は、出張費は一切いただいておりません。お見積りは、いついかなる場合でも無料です!”こんなん、ゴミやわ。どうせ売れへんに決まってるわ・・・・・。”と、お客様が思ってしまうような物の中にも、買い取り対象となる物がたくさんありますので、お捨てになる前に、とりあえず、ご一報ください。小躍りしながら、お見積りに行かせていただきますよ!」


Q:「買い取り値段が安かったら、売らずに置いておこうと思うんですけど、そんな場合でも、お見積りに来ていただけますか?」


A:「”誠実一番!おまち堂”は、お客様から無理矢理に買い取りをするような行為は、一切、行っておりません。お値段が合わなかった場合は、ご遠慮なく、その旨をお伝えくださいましたら、当然、出張費を請求する事もなく、笑顔で退散いたします。”もうちょっと勉強してぇやぁ!”などのご相談も、ご遠慮なく、していただいて大丈夫ですよ。精一杯まで頑張らせていただきますが、それでもお値段が合いませんでしたら、後々のトラブルを回避する為にも、売却せずに置いておいていただくのが賢明だと思います。」


Q:「昨日、売った品物、帰って来た主人に怒られて、やっぱり返してもらいたいんですけど、まだありますか?」


A:「基本、一度、お売りいただきました品物をお返しする事はできません。すぐに売れてしまい、すでに店内にはない場合もございますし、仮にあったとしても、一度お売りいただいた品物は、もうすでにお客様の所有物ではありませんので、”どうしても!”という場合は、当店の小売価格でお買い上げいただく必要があります。そういったトラブルを回避する為にも、”誠実一番!おまち堂”では、無理な買い取りは、一切行っておりませんので、買い取り価格に納得ができません場合は、ご遠慮なく、その旨をお伝えいただき、売らずに置いておいていただきたいと思います。たくさんの業者に見積もりを取るなどして、十分に検討していただき、納得された上での売却をお勧めいたします。」


Q:「どんなもん、買うてくれるんですか?何でも買うてくれるんですか?」

A:「”何でも”というわけにはいきませんが、結構、広範囲の物を買い取りさせていただけると思います。詳しくは、のページをご覧ください。ただ、そのページに記載がないものでも、中には買い取りさせていただける品物が多々ございますので、どうか、お捨てになる前に、一度、”誠実一番!おまち堂”まで、ご一報ください。捨てるのは、それからでも遅くはありません!壊れている、古いカメラや腕時計、栓の開いていない、古いお酒(ウィスキー・ブランデー)なども、買い取りさせていただけるんですよ!ただ、”猫の死んだん”は、買い取り対象外です。(笑)」


Q:「祖父母の代から、もう何十年も開けていない蔵や納屋・物置があるんですけど、中に何が入っているのか全く分かりません。汚くて、埃だらけになってしまうと思いますけど、一緒に整理するのを手伝ってもらえますか?買い取っていただける物は、何もないかも知れませんが・・・・・。」


A:「”誠実一番!おまち堂”では、そういったお仕事も、喜んでお引き受けさせていただいております。そういったお仕事の場合、当店で買い取りが出来そうな品物を、広い場所などに、一旦、全て出させていただきますので、その中から、お客様が必要なものを引いてくださって構いません。残った品物に、当店が値段を付け、お客様に納得していただけた分に関してのみ、お引き取りさせていただく形を取らせていただいております。埃だらけになって困るようなデリケートな服は普段から着ていませんので、ご安心ください!(笑)喜んで、お手伝いさせていただきます。埃だらけになるのは大歓迎です!もちろん、何も買い取りさせていただけるものがなくても構いませんので、とりあえず、ご一報くださいね。喜んで、参上いたします!」


Q:「住んでいる場所が大阪じゃないんですけど、来てもらえるんですか?」


A:「具体的には、どちらにお住まいなのでしょうか?蔵の整理、家の解体といった大きなお仕事依頼の場合は、かなりの遠方までの出張が可能です。可能な限り、どこまででも出張させていただきたます。過去にも、東京・香川県・岡山県などへの出張実績があります。コーヒーカップなどの贈答品が10点程度で、遠方までの出張は難しいですが、近県であれば、バイクで出張させていただきます。店主は、旅&バイク好きですので、バイクで長距離を走るのが全く苦になりません。少々の遠方でも、お客様がお住まいの地域の近くに宿を取って、旅がてらに出張させていただいたりするのも、また楽しいのではないかと思っています。どんな事でも、一度、ご相談くださいね!可能な限り、対応させていただきたいと思います。」


Q:「おまち堂のホームページ内の”何でも屋さん”のバナーをクリックしたら、”いなり堂~何でも屋さん事業部”に飛んでしまいます。何かの間違いですか?」


A:「間違いではりません。ややこしくて、申し訳ないのですが、それで合っています。どちらも、”誠実一番!おまち堂”の店主が経営いたしております。品物を売却される際に、一緒に、何かお手伝い作業をさせていただく事も可能なんですよ。家の片付け、遺品整理を始め、庭の整備、大工仕事などなど、”出来る事なら、どんな事でも喜んで!”を合言葉に、様々なお仕事を頑張らせていただいております。お手伝いだけのご依頼も大歓迎ですので、何かお困りの事などございましたら、遠慮なく、お声掛けくださいね!」


Q:「”何でも屋さん”のホームページから、”普通のいなり堂”のホームページに行ってみたんですけど、いなり堂も、同じような道具屋さんですよね?おまち堂とは、一体何が違うのですか?」


A:「”いなり堂”は、”誠実一番!おまち堂”店主の父が経営する道具屋です。同じ敷地で営業していますので、基本的には同じと考えていただいて構いません。いなり堂の仕事に、おまち堂店主が現れる場合もありますし、おまち堂の仕事にいなり堂店主が現れる場合もあります。買い取り依頼、お手伝い依頼、共に、どちらにお電話していただいても大丈夫ですが、県外出張を始め、遠方出張に力を入れているのは、”誠実一番!おまち堂”の方です。いなり堂に、遠方から、少量荷物の買い取り依頼の電話を掛けると、お断りされる可能性が高いと思いますが、そういった場合は、挫ける事なく、おまち堂にご一報くださいね!」


Q:「アクセスのページを見てみると、おまち堂店舗が、”こゆび庵何でも屋さん事業部”になっていますが、なぜですか?”こゆび庵”って、何なんですか?」


A:「こちらも、ややこしくて、申し訳ありません。”こゆび庵”というのは、”誠実一番!おまち堂”店主が、2014年5月まで経営していた、ヘルパーステーションの屋号です。ヘルパーステーションを閉鎖して、2014年6月から、何でも屋さんを始めるにあたって、気に入っていた屋号をそのまま使う事にしました。何でも屋さんの屋号が、”こゆび庵”で、道具屋さんの屋号が、”おまち堂”とです。どちらも、同じ店主が経営しています。」


Q:「”いなり堂~何でも屋さん事業部”と、”こゆび庵何でも屋さん事業部”は、どう違うんですか?」

A:「申し訳ありません。全く同じです・・・・・。名前が違うだけです。かつては、表面だけの印刷だった、いなり堂のチラシの裏面に、”何でも屋さんの仕事内容も入れよう!”と思い立ち、名前が違うと紛らわしいという事で、”いなり堂”の屋号はそのままに、”何でも屋さん事業部”を付けたしました。その名残で、今でも、チラシとホームページに関しましては、”いなり堂~何でも屋さん事業部”という記述がなされています。」


Q:「という事は、店主さんは、1人で3つの屋号を使い分けているという事ですか?メチャクチャ、ややこしいですよね!?」

A:「はい、僕もそう思います。時々、使い分けられていない時もありますが、大目に見てやってください・・・・・。1つの電話で、3つの屋号の仕事を受けるというのは、実は、ちょっと無理がある事に、最近、ようやく気付き始めました。。。。。」


Q:「まだまだ聞きたい事はたくさんありますが、最後に一つだけ、いいですか?どうして、おまち堂店主さんは、そんなに髪の毛が長いんですか?なぜ、髪の毛を伸ばしているんですか?」

A:「さ、散髪に行くお金がないからです。。。。。。(T_T)」



その他、ご質問があれば、ドシドシご遠慮なく、お電話&メールをお寄せ下さいね!

お待ちいたしております!!










Copyright©2014.Koyubian.All Rights Reserved